azzurriのショッピングレビュー

azzurriのショッピングレビュー

僕が買ったもの、観に行った映画・ライヴなど、要は金を払ったものに対して言いたい放題感想を言わせてもらおうというブログです。オチとかはないです。※ネタバレありまくりなので、注意!

「文車館来訪記」はほとんど総天然色!!

ほとんどカラーが嬉しい


またまた冬目景を買ってきました。今回は「文車館来訪記」というマンガです。


これは書き下ろし以外オールカラーというファンにとっては嬉しい一冊です。オールカラーですよ。総天然色です。そもそも大抵のマンガってコミックになると連載時はカラーだったページが白黒になるじゃないですか。あれ、見てて悔しいです。僕は雑誌の連載よりもまとめて読めるコミック派なので、ほとんどのマンガは単行本化されてから読んでいます。そうすると、当然そんな感じで「元の色」では読めなかったりするパターンが多いです。「おお振り」とかは連載時にカラーのページはちゃんとそのままカラーで単行本化されているのですが、そういうのは稀ですからね。やっぱコストかかるからなのかなー。ここらへんは出版社の方も是非ご一考願いたいです。


で、やっぱり冬目景の絵は雰囲気ありますね。やはりカラーになると冬目景の絵の良さが更に際立っている感じがします。シリーズになってる、4ページくらいの一話完結の短編なのですが、短いだけあって連載の時からカラーだったみたいです。そもそもの企画として、冬目景の絵の良さを前面に押し出そうというものなのでしょう。だから単行本化されても全てカラーのままだったのかもしれません。


時代設定は今回も大正です。もののけの類が住む街に一人だけ人間が住んでいるという、やはりファンタジーの王道を行くような作品です。ここらへんも冬目景節炸裂って感じでいいです。もののけと言っても基本的には人間の使い古したものという、だから「モノ」ですね。それで、唯一の人間であるヨオという若者がその街で写真館を営んでいて、その写真はモノや人の(おそらく最も大事にしている)思い出を写してくれるという、写真館が主な舞台です。で、そういうモノや人が持っている「思い出」を巡る話、だと思います。でも、単に昔を懐かしむような話ではなくて、「今」に繋がる再出発としての思い出の話であるように思われます。