azzurriのショッピングレビュー

azzurriのショッピングレビュー

僕が買ったもの、観に行った映画・ライヴなど、要は金を払ったものに対して言いたい放題感想を言わせてもらおうというブログです。オチとかはないです。※ネタバレありまくりなので、注意!

Animelo Summer Live 2011 -rainbow- にネ申降臨!!


azzurriのショッピングレビュー-Animero Summer Live 2011


 結構前の話になってしまいますが、Animelo Summer Live 2011に行ってきました。今年の俺的四大フェスの最後の締めくくりです(他の三つはワンフェスフジロック、ワーハピ)。


 やはりアニメ系(オタク系)のイベントということで、他のフェスと比べてノリの違いはありましたねェ~。先ず、サイリウム。最も端的な違いはこれではないでしょうか。もう客席中ビッカビカ光ってました。この小道具は通常のライブでは見られないですね。ただ一口にサイリウムと言っても色々使い方があって、盛り上がる時の色はオレンジ、しっとりした曲の時は青、田村ゆかりの時はピンク、など時と場合によって使い分けるものらしいです。僕も今回初めてサイリウムを買ってみました。案外楽しいです。ただ、場合によっては邪魔くせぇな、って思うこともありました。限度を超えたビカビカを放ってる奴もいましたからね。周りを考えてビカビカして欲しいものです。


 あと…、あんまり音楽聴いてない(^^;; ギターソロとか結構カッコいい曲があったりするのに、掛け声掛けまくってたり…。さすがに席の間隔が狭いのでオタ芸打ってたりする奴はいなかったけど、そのノリに近い…。あんまり音楽聞きに来てるって感じではなかったですね。あと音響が悪かった。ハコがデカすぎたためか、音が回っちゃってる感じ。特に声量の大きいのが四人も揃ってるJAM Projectの時はPAは大変だったろうな(^^;;


 ただ、それと反比例するように曲は面白いものが多かったです。歌のうまい人も多かった。J-POPのヒットチャートをにぎわしてる曲が完全崩壊してしまってから久しいですが、アニメの曲は元気ですね。かつてのようなレコード会社の一極配信から、今やネット、インディーズレーベルと多岐に渡っていて、アニメの曲もその一旦を担っているのでしょう。音楽は汲めども尽きない、という感じです。


 で、そんな感じで音楽的にはなかなかのものだったように思うのですが、特に自分的にはサプライズゲストのささきいさお水木一郎の流れはすごかった。会場全体もひっくり返ってしまいました。突然ヤマトの映像が流れ、「あ~、キムタクの映画、コケたナァ」なんて思ってたら、なんと本物のささきいさおがっ! 本当、びっくりして、超盛り上がりすぎた。TV版「銀河鉄道999」も歌ってくれて、マジ感動した。この曲は平尾昌昭が放った超名曲で、僕が大好きな曲です。ゴダイゴの999も素晴らしいが、こちらも勝るとも劣らず! この時、ささきいさおは「左手に夢を 右手に勇気を持って」とのメッセージを投げかけたので、今後は僕もそうしたいと思っております。ところで、最近のボーカリストの傾向として、高音で声がデカい、というのが尊ばれてると思うけど、ささきいさおは逆に深く、厚い低音が魅力的。声量もすごかった。今後はこのような歌手も出てきて欲しいです。


 そして水木一郎! 「マジンガーZ」「コンバトラーV」を熱唱! ささきいさおの歌った楽曲といい、まさかこの楽曲群を生で聴けるとは…。子供の頃全部リアルタイムで観ていましたからね。幼少の頃はこれらのアニメで育ちましたからねぇ。まさに感無量でした。


 で、そこからの流れでももいろクローバーZ! しかも水木一郎が「Z!」の叫び声で共演! この流れ、コラボはネ申すぎた! やはりももクロはいい! 今一番かぶいてるし、動きもキレキレ! それにやっぱり可愛い。加えて若い! ただ、この日は若干アウェイだったかな…(^^;; でも、初めて生で見れて嬉しかったです。


 そんな感じで、初めてのアニサマ、そして俺の中での2011四大フェスは超大満足で幕を下ろしたのでした。