azzurriのショッピングレビュー

azzurriのショッピングレビュー

僕が買ったもの、観に行った映画・ライヴなど、要は金を払ったものに対して言いたい放題感想を言わせてもらおうというブログです。オチとかはないです。※ネタバレありまくりなので、注意!

「蟲師」漫画原作は色の付いた墨絵のごとき幽玄!!


7巻まで揃えました


蟲師」の漫画原作を読みまして、TVのアニメ観て、非常に読みたいと思っていたのですが、やっぱり良かったですね~。漫画読むとアニメの「蟲師」がいかに忠実に原作の世界に色と音を付け、動かしているかがわかります。結構多くの話がアニメになったんですけど、構図とかもほとんど同じ、台詞も同じという感じでした。僕はアニメの方が、蟲とかがより生き生きしている感じで、いいなぁと思うのですが、漫画の方も負けず劣らずやっぱり良くて、何と言うか、絵、といった感じですね。漆原友紀は画力がある人ですね。幽玄と言いますか、そういう表現がしっくりくる感じの絵で、特にカラー絵なんか、色の付いた墨絵のごとき絵で、すごい良いですね。あと漫画を描く時の宮崎駿の絵にも通ずるところがちょっとあるように思います。それから、最近の漫画にありがちないかにもアニメ化狙ってますっていうような絵じゃないところがすごくいいですね。こういう絵の原作をアニメ化しようとしたんだから、アニメ版監督の思い入れというのはやっぱり大きかったんだなぁと、思います。だからあれだけクォリティの高いアニメになったのでしょう。


あと、もちろんアニメになっていない話もあって、やっぱりそっちの方が素直に入っていけたような気がします。「ここ、アニメとそっくりだなぁ」とか、(まぁ逆なんですけど。漫画の方が先だから)そういうこと考えずに読めたからだと思います。まぁ、さっきアニメの方が好きとか書きましたけど、でも漫画の、特に最近の絵は迫力があるような気がします。ここらへんはアニメでは出ないところかもしれませんね。その物語、世界を作り出す原作者ならではの迫力というか。あと、この漫画って、結構冷たく突き放すような話が多いかもしれないですね。まぁ、その中でも多くは後日譚のようにほっとするようなエピソード(でもその話の登場人物だと明記していないものも多い)が最後にあるのですが、そういうフォローと言うと変ですけど、そういうのなしにそのまま冷たく突き放すような終わり方をしているものもあります。そこらへんはこの作者の厳しさと言いますか、ありていなまとめ方はしないというか、作者の中の真実を描こうとしているというか、そういうのがあるのかなぁと思います。


あと、全体的に、日本(一応架空の世界だとは思うのですが、基本的には文明開化がないまま明治期を迎えた日本、というような設定らしい)という「土地」に対する郷土愛のようなものが何となく感じられるような気がします。人、土地(風土と言おうか)、そして蟲が干渉し合うような、一体であるような、そういう世界であって、そういう風土でこそ生きられるというか、そんな愛情のようなものがあるような気がします。生命そのものに近いという蟲は分化しているような未分化なようなそういう世界を象徴しているような気がちょっとします。