azzurriのショッピングレビュー

azzurriのショッピングレビュー

僕が買ったもの、観に行った映画・ライヴなど、要は金を払ったものに対して言いたい放題感想を言わせてもらおうというブログです。オチとかはないです。※ネタバレありまくりなので、注意!

「ロスト・ワールド/ジュラシック・パーク2」(上)ネタバレ有り読書感想。映画は酷評されたけど、小説は面白い!!

やはり夏のクソ暑い時期には、クソ暑い設定の小説の読むのが臨場感も増し増しで良かろう、ということで読んだのがこの「ロスト・ワールドージュラシック・パーク2」!マイクル・クライトンの名作「ジュラシック・パーク」の続編であります。「ジュラシック・…

「鬼滅の刃」第十七巻ネタバレ有り感想。今回は色々と考えさせられる巻!!

「鬼滅の刃」全巻感想というこのマラソン企画。今回は第17巻です。今回遂に、第150話に到達! これもね、第100話に次ぐマイルストーンではないでしょうか。そしていよいよ物語も更に佳境に入っていく感があります。鬼殺隊と鬼との戦いが同時多発で展開され、…

「鬼滅の刃」第十六巻ネタバレ有り感想。急転直下、怒涛の展開てんこ盛り!!

「鬼滅の刃」全巻感想というこのマラソン企画も遂に第16巻となりました。そして、物語が大きく動きます。もう最後のクライマックスか、という勢いですが、残りの巻数(全23巻)から考えて、多分その一つ前の段階の、主人公に立ち塞がる壁、といったところで…

「鬼滅の刃」第十五巻ネタバレ有り感想。様々なことが起こる激動の巻!!

「鬼滅の刃」全巻感想、今回は第15巻です! 四捨五入すると20巻に突入です!いやあ、遂に20巻が見えてきましたねぇ。それと同時に、面白くなってまいりました!物語の方もね、いよいよ加速してくる、その前段階といったところなのですが、キャラクターがです…

「キングコング対ゴジラ」ネタバレ有り感想。怪獣映画というよりは娯楽喜劇映画!!

世界に遅れること四ヶ月ほど、ようやく日本でも「ゴジラvsコング」が公開されましたね。もちろん僕はゴジラが大好きなのですが、前作(「キング・オブ・モンスターズ」)がとんでもない駄作だったので、ハリウッド版のゴジラには一気に興味を失くしてしまい…

「鬼滅の刃」第十四巻ネタバレ有り感想。時透無一郎と炭治郎は似てる?!

「鬼滅の刃」全巻感想もようやく半分を越え、今回は第14巻。全部で23巻なので、遂に残り10冊を切りました!残りあと一桁と思うと、ゴールが少しだけ見えてきたようにも思いますが、まだあと9冊という思いもあります。あと少しだな、と感じれるのは、やはり残…

「鬼滅の刃」第十三巻ネタバレ有り感想。バトルの中にもギャグを混ぜてきた?!

「鬼滅の刃」全巻感想、今回は第十三巻ですねー。全23巻なので、まだ残り10冊切っていません。長いです。前回の第十二巻は戦いと戦いの合間の、体を癒す巻、そして更に強くなるための修行の巻だったのですが、今回は一冊丸々バトル巻です。そして、そのバト…

「鬼滅の刃」第十二巻ネタバレ有り感想。第2回パワハラ会議開催されるも、ほのぼのギャグ巻!?

全巻感想、今回は第12巻。全23巻なので、ようやく半分を越えました!そしてですねー、今巻では一つのマイルストーンに辿り着きました。それは第100話に到達したことです。100話。これはなかなかのマイルストーンなのではないでしょうか。100ってやっぱりデカ…

「鬼滅の刃」第十一巻ネタバレ有り感想。鬼のドラマは感情のグレーゾーン!!

「鬼滅の刃」全巻感想、今回は第11巻。遊郭編が遂に決着!ということで、一つのエピソードとしては、今回が現時点での最長エピソードでした。三巻ブチ抜きの長期エピソードということで、三話を費やしたウルトラマンタロウのバードン編を思い出してしまいま…

「鬼滅の刃」第十巻ネタバレ有り感想。人気投票善逸第2位!!

「鬼滅の刃」全巻感想というマラソン企画、今回は第10巻ということで、遂に二桁に乗りましたあ!いや、長かった。でも、全23巻ですので、まだ半分にも達しておりません。まだまだ先は長いです。というわけで、今回で遊郭編が終わるかなと思っていたんですけ…

「鬼滅の刃」第九巻ネタバレ有り感想。宇随天元はイケメンヤンキーな先輩!!

「鬼滅の刃」全巻感想、今回は第9巻ということで、若干物議を醸した遊郭編であります。これもまたね、ネットで炎上したとかしないとか噂になりまして、どんなものかと楽しみにしていたのですが、なかなか面白かったと思います。やっぱりね、遊郭編ということ…

「鬼滅の刃」第八巻ネタバレ有り感想。無限列車編は終わるが、煉獄杏寿郎スピリットは続く!!

「鬼滅の刃」全巻感想も第8巻となったわけですが、この巻も非常に重要な巻ですね。それはもちろん、爆大ヒットを記録した映画の原作となる「無限列車編」が完結するからです。まぁ、色々とですねぇ、ツイッターとかで「そうなるんじゃないか」という情報が自…

「鬼滅の刃」第七巻ネタバレ有り感想。遂に煉獄杏寿郎、本格参戦!!

「鬼滅の刃」全巻感想というマラソン企画、遂に第7巻まで来ましたよー。なぜ「遂に」かと言いますと、この第7巻、これが非常に重要な巻なんですよね。というのも、ご存知の人の方が多いと思いますけども、この7巻から、あの!爆売れした映画のエピソードでも…

「鬼滅の刃」第六巻ネタバレ有り感想。第六巻はほのぼの感!!

「鬼滅の刃」全巻感想、今回は第6巻です。これまで5冊読んだのですが、全体的な流れで言うと、物語はここまで一気に駆け抜けた印象です。もちろん、途中で修行したり、疲れを癒したりはしていたのですが、特に炭治郎が鬼殺隊隊員となってからは、割と(カラ…

「華氏451度」ネタバレ有り読書感想。異質なディストピア小説?!

ディストピアを描いた作品が好きです。映画とか小説とか、漫画とかでもですね、結構観たり読んだりしてるんですけども。その中で、「華氏451度」という、名作との誉も高い小説があります。フランソワ・トリュフォーによって映画化もされ(その時のタイトルは…

「鬼滅の刃」第五巻ネタバレ有り感想。吾峠呼世晴は平沢進のファンだった!!

「鬼滅の刃」全巻感想、今回は第五巻!五巻まで来るとそこそこ読んだ感が出てくる一方、「まだ五巻」という感じもあります。まぁ全部で23巻もありますからね。マラソン企画、やはりまだまだ序盤といったところでしょうか。いや今回、更にいよいよ本域という…

「鬼滅の刃」第四巻ネタバレ有り感想。伊之助もキャラ立ってるが、この巻の主役はやっぱり善逸!

「鬼滅の刃」全巻感想、今回は第四巻です! 全23巻なので、先はまだまだ長いです!というわけで四巻読んでみたんですけど、今回は面白かったです!ホント、「鬼滅の刃」は巻によって出入りが激しい。今のところ、偶数巻は面白くて、奇数巻はそれほどでもない…

「鬼滅の刃」第三巻ネタバレ有り感想。善逸は眠りの小五郎?トミーとマツ?!

「鬼滅の刃」全23巻を一巻ずつ感想を言っていくというマラソン企画、今回は第三弾、つまり第三巻についての感想を述べようと思います!ということなんですけどねー…、三巻は、ぶっちゃけた話、ちょっと停滞気味かな(^^;;ま、前回、第二巻の感想で、急に面白…

「鬼滅の刃」第二巻ネタバレ有り感想。ズバット的展開かと思いきや、いきなりのマイケル登場?!

「鬼滅の刃」全巻感想というマラソン企画、全23巻なので、まだまだ道のりは長いです。今回はその第二弾ということですが、これが! 面白くなってきた!いや前回の第一巻の時にですね、「売れてなかったら次買ってない」ということを言ったのですが、いやいき…

「鬼滅の刃」第一巻ネタバレ有り感想。大ヒットの裏には吾峠呼世晴の心意気があると見た!

「鬼滅の刃」をですねー、買ってきましたよ!ここまで売れるとね、そりゃ気になるってもんで。アニメも気になるけど、やはりその元となった原作本を読みたい。やはりオリジナルを知りたいですからね。それで、まぁせっかくだから、この機会に最近流行りの電…

「PSYCHO-PASS Sinners of the System Case.1 罪と罰」ネタバレ有り感想。俺は宜野座大好き、霜月大嫌い!

霜月が主役ということで、観ようかどうしようか悩んだのですが(霜月が大嫌いなため)、やはりPsycho-Passということで観に行くことにしたのが「PSYCHO-PASS サイコパス Sinners of the System Case.1 罪と罰」です。観てみたら、めちゃくちゃ面白かった! …

「墨攻」(酒見賢一)ネタバレ有り読書感想。ハリウッド的王道エンタメだが考えさせられもする!

酒見賢一は「後宮小説」「周公旦」、そして「墨攻」と三作読んだのですが、どれもめちゃくちゃ面白いです。今のところ酒見賢一にハズレなし!そして今回ご紹介するのが「墨攻」なんですけど、これまた歴史上の出来事なのかフィクションなのか、曖昧模糊とし…

「夜は短し歩けよ乙女」ネタバレ有り読書感想。幻想的だけど、極めてリアルな恋愛小説!

その当時、「夜は短し歩けよ乙女」が映画化されるということで、急っそいで読んだのがこの小説です。元々、気になっていて、読みたいとは思っていたのですが、ずっと後回しにしてしまっていて、ようやく重い腰を上げたという形になってしまいました。やはり…

「エクス・マキナ」ネタバレ有り感想。帝国側の将軍は反乱軍のエースパイロットの部下!?

「アバウト・タイム」という映画が好きなんですけども、主役を演じたドーナル・グリーソンがすごく良くてですね。以来、非常に好きな俳優なんですけど、その彼がまた主役をやるということで、観に行ったのが「エクス・マキナ」です。士郎正宗原作のSFアニメ…

「ナイン・ストーリーズ」(J・D・サリンジャー)ネタバレ有り読書感想。漫画「バナナフィッシュ」に影響を与えたであろう珠玉の名作集!

以前、あれはいつだったか、高校生の時だったか、ちょっと忘れてしまいましたけどね、「ライ麦畑でつかまえて」を読んでみたんですよ。その時思春期だったし。思春期の人が読むにはお勧めだろうって色んなところで言われてたので。で、まぁ、読んでみたんで…

「名探偵コナン ゼロの執行人」ネタバレ有り感想。福山雅治は「赤安」を知った!

最近、ようやっと鬼滅旋風が一段落といったところですが、いや凄まじかったですね。年始の「スポーツ王は俺だ!」の「リアル野球BAN」でも日ハムの杉谷が鬼滅バット持って打席に立ったりして、もうすっかり日本全国が鬼滅に飲み込まれた感じ。そして公開当初…

「海を駆ける」ネタバレ有り感想。不可思議映画だけど仲野太賀スゲエ!

「ほとりの朔子」「淵に立つ」が良かったので、すっかり好きな監督になったのが、深田晃司です。で、その最新作が公開されるってんで、その当時、当然のごとく観に行ったのが「海を駆ける」です。ま、でもですね、なかなかにして不可思議な映画でしたね。ま…

「カンガルー日和」ネタバレ有り読書感想。村上春樹のエキス絵本?!

基本的に僕は短編小説が好きです。やっぱり読むのが遅いってのが大きいと思いますw 読むのが遅いと、いつまでも話が終わんない。だけど、短い話だと割とすぐに読み終わる(それでも遅いけど)。もちろん、本一冊となると時間はかかっちゃうんですけど、それ…

映画「夜は短し歩けよ乙女」ネタバレ有り感想。黒髪の乙女は光を与える!

森見登美彦が大好きなのですが、そもそもは深夜アニメの「四畳半神話大系」を観たのがきっかけでした。それがホント素晴らしいアニメで、あまりに素晴らしすぎて「原作も読みたい」となって、「四畳半王国見聞録」を買ったのが始まりでした。……。ええ、「四…

「コードギアス 反逆のルルーシュ I 興道」ネタバレ有り感想。ルルーシュとスザクは真逆!

どうもね、コードギアスの続編が作られるそうで。まぁ、賛否両論あると思いますけど、ファンとしてはやっぱり嬉しいです。「復活のルルーシュ」も、これまた賛否あるけど、面白かったですからね。そもそも、続編を作るための復活だったらしいですね。今一度…