azzurriのショッピングレビュー

azzurriのショッピングレビュー

僕が買ったもの、観に行った映画・ライヴなど、要は金を払ったものに対して言いたい放題感想を言わせてもらおうというブログです。オチとかはないです。※ネタバレありまくりなので、注意!

「ブレイブストーリー」はちょっとキツめの王道ファンタジー!!

困ったような表情が「らしく」なくていい

 

ようやく「ブレイブストーリー」を観に行きました。どの映画館でもほとんど上映終わってたんですけど、この間渋谷でやってたので、観に行けました。今年見たいアニメ映画三本の中の一本だったので、ちょっとホッとした感じ。

 

基本的にはファンタジーの王道ですね。現代に住む子供が剣と魔法の世界に行ってしまって、そこで大冒険をするという。そういった意味では以前観た「ナルニア国物語」に似てるかもしれません。しかも、主人公が冒険をする理由は「ブレイブ」の場合は母親を助けるため、「ナルニア」の場合弟を助けるため、と家族が大きなテーマであることも共通しているように思います。ただ、この映画、父親の描かれ方があまりにもヒドすぎる。当日の会場は当然お父さんが子供をつれてるパターンも少なくなくて、そういうお父さんたちは気まずいだろうな~。帰る道すがら「お父さんはあんなじゃないからな」とか子供に言い訳してたりして(^^;; あと、声優がちょっと…(^^;; 松たか子とか、よくやってると思うけど、声に力がないし、声での演技ができていない。最近はアニメ映画で実写映画の役者を使う場合がかなり増えてますが、やはりアニメの声優はそれ専門の人にやってもらった方が明らかにいいですね。

 

そうは言いつつも、世界観とかもしっかりしてると思うし、絵はもちろんいい、話の展開がちょっと唐突な印象もあるけど、長い原作を2時間にしていることを考えれば、むしろよくまとめたと思う。何より、主人公が選ばなくちゃいけない選択肢が多く、しかもどれを選ぶのかが予測しにくいのがいい。そこで主人公が悩み、成長していく感じがわかりやすいし、感情移入もしやすいと思います。

 

ただ、この映画、もちろん子供をターゲットとしていると思うし、実際子供が観たらすごくワクワクするだろうなーと思うんですけど、離婚とか心中とか結構キツいことを描いてて、それが物語の核になってたりするので、そういった意味では子供に見せたいような見せたくないような、かなり微妙な感じはありますね。

azzurri.hatenablog.com