azzurriのショッピングレビュー

azzurriのショッピングレビュー

僕が買ったもの、観に行った映画・ライヴなど、要は金を払ったものに対して言いたい放題感想を言わせてもらおうというブログです。オチとかはないです。※ネタバレありまくりなので、注意!

「幻影博覧会」は雰囲気が素晴らしい!!

雰囲気がすごい好き

 

冬目景が好きだ。

 

何が好きか?

 

色々あるけど、「ベタ」なところに尽きるかもわかりませんね。雰囲気勝負というか。

 

なんつーかねぇ、設定とかかなりベタなんですよ。例えば、「羊のうた」っていうマンガがあるんですけど、それは「吸血鬼(ちょっと違うけど)」の一族で、人の血を吸うことに対して葛藤する、まだ若い姉と弟の話なんですけど。ね? ベタでしょ? でもねー、これがいいんですねー。古き良きベタさ加減というか。もう、お姉さんなんか高校生だけど、普段家では着物ですよ。弟はもちろん学生服です。着物を着る必然性はない気もするけど、そういう雰囲気作りが大事なんです。

 

それで、ちょっと前に買った「幻影博覧会」なんですけど、これもやっぱり設定はベタ。先ず、舞台が大正時代半ばの帝都東京。主人公は私立探偵とその助手の女の子。で、この女の子というのが訳ありで、まだ中学高校生くらいなのに、学校には行かずに事務所で働いてて、「相棒」と称する大型犬を飼っていて、やたら色んなこと知ってて、素性もよくわからない。ね? ベタでしょ? でも、やっぱりこれがいいんだな。もう、なんか俺の心の琴線に触れまくってる! こういうベタな感じがやっぱ俺スゲー好きだ! もっとみんな書けよ、こーゆーの!

 

でも、ベタなんだけど、読んでるこっちが恥ずかしいってのはないんですね。「逆に面白い」とかではないんです。本気で面白い。

 

多分、絵の魅力というのもありますね。人物なんかは割に最近のマンガの感じなんだけど、タッチというか、全体的に劇画調なんですね。背景の陰や模様なんかもほとんど手で描いてるし、派手なトーンなんかほとんど使ってない。物語と絵がすごく合ってる感じがします。もし、この話が最近よくあるアニメっぽい感じの絵で描かれてたら、多分読まないと思います。やっぱ、絵って大事っスよね。

 

やっぱり、絵も含めてそうだけど、雰囲気作りって絶対大事だと思う。このマンガもこの女の子の正体は何だろうとか、ストーリーも気になるし、人物のキャラもちゃんと描けてて、だから面白いんだと思うけど、それらも雰囲気というか、場の設定や世界観があってのことだと思う。小説って文体が大事だって言われることがよくあるけど、それと同じことだと思う。雰囲気で読む、というのは絶対にあると思う。