azzurriのショッピングレビュー

azzurriのショッピングレビュー

僕が買ったもの、観に行った映画・ライヴなど、要は金を払ったものに対して言いたい放題感想を言わせてもらおうというブログです。オチとかはないです。※ネタバレありまくりなので、注意!

Rolandキーボード JUNO-Dは音が派手で軽い!!


軽くてカッコいい!

 

バンドでキーボードやってまして、61鍵のTRITON を使ってるんですけど、如何せん重いので、スタジオ練習の時は作った音源をFDに入れてレンタルしてたんですけど(使い終わった後はデフォルトの状態に戻しておきます)、最近貸しスタジオからTRITONがどんどん消えつつあって、この手が使えなくなってきてたんです。かといって、あのクソ重いTRITONを毎回スタジオに持っていくのは嫌だ。

 

で、他のバンドでキーボードやってる人たちを見ると結構軽くて、しかも安いキーボードを使ってたんですね。いや最近のキーボードスゲエなーと思って。主にKORG のだったんですけど。でも、鍵盤の感じが軽すぎて、特にピアノの曲を弾く時はかなりキツいなーっていう感じで。それからちょっと、見た目があんまりカッコ良くない(^^;; で、そのクラスで他に何かいいのないかなーって色々とネットで調べていたら、RolandJUNO-Dというのがありまして、5kgと軽いし、お値段も安い。しかも見た目も結構カッコいい。で、頻繁に製品ページ見てたらすごく欲しくなっちゃって、楽器屋さんで実物を見てみたくなりました。で、行ったらですねー、鍵盤の感じも結構いいんですね。おお、これくらいなら結構いいんじゃねーかと、いうわけで買って参りましたー!

 

僕が買ったのはJUNO-D Limited Edition というやつで、元のよりも音色が増えています。で、色々いじってみたんですけど、使い勝手は良くないですねー。音色の作り方とか、今ひとつ直感的にわかんない感じだし、音色の切り替えも曲毎に使う音色を順番に並べ替える、という風にできないし。やはりKORGの使い勝手の良さは素晴らしいですね。Combinationモードは偉大です! KORGのキーボードの完成度の高さを再確認させられた感じですね。

 

ただ、音色自体はいいですねー。KORGに比べてインパクトあるというか、全体的に派手目に作ってあります。特にシンセ系の音が良くて、エディットしないでもプリセットのまま使える感じです。KORGは良くも悪くもエディットが必要で、ユーザーにいじってもらうことを前提に作ってある感じですね。だから音色も割にフラットな感じだし、操作性も高い。一方、Rolandの場合はもう、買ってそのまんま使える感じに作ってあるように思います。そういった意味では初心者向けと言えなくもないかも。とはいえ、さっきも言ったように音自体はすごくいいし、セカンドキーボードとしては素晴らしいと思います。それに、何と言っても軽い! これはこのキーボード最大の長所と言えるかもしれません。専用の背負えるソフトケースも付いてて、「これがキーボードの重さ?!」と、驚いてしまいます。

 

この音でこの軽さ、しかも安い。これはなかなかのお勧めキーボードです。