azzurriのショッピングレビュー

azzurriのショッピングレビュー

僕が買ったもの、観に行った映画・ライヴなど、要は金を払ったものに対して言いたい放題感想を言わせてもらおうというブログです。オチとかはないです。※ネタバレありまくりなので、注意!

宅録はテレコのMTR!!

これがなかなかいい


えー、最近宅録をはじめまして。多重録音ってやつですね。MIDIで曲作るのはやってたんですけど、生録での宅録はやったことなかったんですね。そんで、やってみたらこれがまた、楽しくて。一つ一つ録音していって、音を重ねていくのって楽しいッスね! MIDIの場合だと、まぁ、基本的には同じなんですけど、クオンタイズかけちゃったりとか、間違えた音符を直したり、削除したりして修正できますからね。今にして思うと一回の演奏にそれ程力入れてなかったけど、今やってる方法だと一回一回超真剣に演奏してます。元々演奏がヘタな上に修正できないからできる限り「ベスト」な演奏をしないと、後々仕上がりがヒドくなってしまうんです。と、言って「ベスト」な演奏しても結構ガタガタなんですけど(^^;;


でも、最近の宅録ってコンピュータでDAWソフト使って、編集も修正も思いのままっていう感じなんです。ではなぜ、僕の場合は最近はじめたにも関わらず、修正ができないのか。それはテープレコーダーのMTRを使ってるからなんです。この21世紀にテレコですよ。つーても、買ったのはもう10年くらい前になるのかな。YAMAHAのMT50ってやつなんですけど。最近までパソコン周りのミキサー代わりに使っていたという…(^^;; でも、これねー、いいんですよ。アナログな感じが。最近のデジタルの音は、なんかキレイすぎちゃって、面白味に欠けるというか。テープレコーダーだと、なんというか、キレイ過ぎないというか、ちょっとくぐもった感じが、一昔前の雰囲気をたたえていると言うか、いいですね。でも、友達にそういう風に言ったら、最近のDAWソフトにはテレコで録音した風なエフェクトも付いているという…。そーいうのとは違うんだよっ! 何でも機械でやりゃあいいってもんじゃねェ!


あと、これ4チャンネルだけなんですね。それもまたいい。最近のDAWソフトだとトラック数は無限にあると言っていいんですけど、これは4つだけ。そこを工夫してうまいこと4つにまとめてミックスする感じがまたいいんですね。制限がある感じが面白いというか。まぁ、なんというか手作り感があるというかね、そこらへんがまぁ、いいんですね。


まぁ、使うまでに随分長い時間を置いてしまいましたけど、逆にデジタルなDAWソフト全盛の時代に逆にアナログなMTRって面白いかな、と思っています。