azzurriのショッピングレビュー

azzurriのショッピングレビュー

僕が買ったもの、観に行った映画・ライヴなど、要は金を払ったものに対して言いたい放題感想を言わせてもらおうというブログです。オチとかはないです。※ネタバレありまくりなので、注意!

「崖の上のポニョ」は宮崎駿マンガ映画を凝縮!!


ポニョのデザインはナイス!


崖の上のポニョ 」を観てきましたー! 出ました! 今年一番! これを越えるのはキツいだろー。二時間がアッという間でした。


もう、ね、オープニングの手描きアニメからキましたね! 「これだ!」と思いました。最近のCGって何と言うか、硬いというか、疲れるというか、そんな感じだったんですね。これ観てそれに気付いた感じです。まぁ、これ観る前から特に3DCGは人工的というか、あからさまに「作り物」って感じなんだけど、「リアルな動きでしょ?」っていうのの押し付けっていうか、ある意味威圧感があって、なんか辟易していました(もちろん、効果的に使えている作品もあると思いますが)。これ観て「やっぱ手描きだよな」って思いましたね。全体的にはCGも結構使ってたと思うけど、手描きの印象は強くて、特にオープニングは多分全部手描きなんじゃないかなぁ。何つーか、やっぱり気持ち入ってる感じですよね。


そんでねー、もう何がいいかって可愛い! それに尽きる! もうウルトラヴリー(俺が映画観てる間に浮かんだ名言)ですよ! 子どもの動きとかね、台詞もいいと思うし。特にやっぱりポニョ! かわいー! 超かわいい! デザインも素晴らしいですね! 生意気可愛いっていうか。声優の子の声がまたいいんですよねー。妹たちもすごく可愛いし。ポニョが初めて人間になるシーンは上がりましたね~。ああいう高揚感を映画で感じたのは久々ですね。「千と千尋」以来じゃないかなぁ。宮崎駿独特のもののような気もします。ただ、金魚の時のポニョも大好きなので、もうちょっと金魚のポニョも観たかったかな。


まぁ、脚本的には結構飛躍があったりして、例えば、フジモトがあれだけ人間を嫌っていたのに、最後の方(特にグランマンマーレと会ってから)ではそうでもないような感じがする。この間の変化がちょっとよくわからなかった。ここはもうちょっと描いて欲しかったですね。そんな感じで結構わかんないとことかもあったのですが、そんな少々のほつれなんかものともしない勢いというかパワーというか、そういうのがあります。これぞウルトラヴリーの成せる業ですよ! ただ、最初の伏線の張り方は秀逸ですね。ポニョが瓶にハマッてしまう→宗介が瓶を割って助ける→指を切ってしまう→ポニョが患部をなめる。この一連の流れがひとつひとつ意味があって、伏線と感じさせないんですね。瓶にハマッたポニョはそれはそれで可愛いし、宗介との出会いという重要な要素になる。指を切った宗介のリアクションは「こういうことあったなぁ」と思わせるくらい自然に子どもっぽくてナイスだし、そしてこのポニョが宗介の血をなめることによって、ポニョは人間になれた、というすこぶる重要な要素なわけです。この作品にとって非常に重要な要素をさらりと、しかもその全てに意味を持たせて伏線を張るなんて、なかなかできることではないと思います。


あと、それから非常に宮崎駿を凝縮したような作品ですね。特に初期マンガ映画の要素はすごく入っていると思います。リサの運転する車なんか、「カリオストロの城」だし、街が水没するシーンなんて「パンダコパンダ 雨降りサーカス 」ですよ! 水に沈んだ街を魚が泳ぐ場面は、「泳ぐ」というよりは「空を飛んでいる」感じです。水中からのそういう構図がわくわくさせる感じで素晴らしかったです。避難してる人たちもどことなく楽しそうで、ありえないんだけど「夢のような洪水」ですね。「非日常の高揚感」が感じられます。あと、人間になったポニョはコナンを彷彿とさせましたね。あの生命力の塊! 波を走り、宗介の乗った車を追いかけるポニョの躍動感はいいですねー。そういえば、ポニョの足は手のように動きます。コナンですね~(^^;; ただ、「もののけ」以降、宮崎駿の描写はちょっと変わっていて、「怖い描写」が多くなりました。今回の作品で言うとフジモトの操る「目のついた波」が怖かったですねー! 試写会では子どもが泣いたらしいですが、ありゃ泣くわ! 「もののけ」以前はああいう描写はなかったと思うんですけど、あれって宮崎駿の自然観なんでしょうか? こう、ヌルリとして得体の知れないというか。自然の怖い部分というか。


それから、世界観の素晴らしさは相変わらずですね。あんな街行ってみたい! 宗介の家はいいよなぁー。崖の高台のところにあって、海を一望できて。家自体もすごくいい! 発電機があったりして。ただ、この家の感じ、何となく長野まゆみ の「夏期休暇」をちょっと彷彿とさせるんですよね。宮崎駿長野まゆみを読んでるのかなー。


ただ、声優陣には疑問が残りましたね。山口智子長嶋一茂、それと所ジョージは声にパワーがないですね。その他の人はいいと思ったんですけど。特に宗介とポニョは良かったですねー。彼らの演技であのウルトラヴリーな感じが出たと言っても過言ではないと思います。


あと、食べ物がうまそうでした。