azzurriのショッピングレビュー

azzurriのショッピングレビュー

僕が買ったもの、観に行った映画・ライヴなど、要は金を払ったものに対して言いたい放題感想を言わせてもらおうというブログです。オチとかはないです。※ネタバレありまくりなので、注意!

長野まゆみ「メルカトル」はハートに巻いた包帯!?


異世界情緒満載

 

「メルカトル」を読みましたー! 今のところの最新刊です。と、言っても去年の4月に発売されたものですが。やっぱ好きですねー、長野まゆみ

 

異国情緒、というよりは「異世界情緒」で溢れている作品です。最近の長野まゆみは日本を舞台にすることが多かったですが、今回はどことなくヨーロッパです。海に張り出した東南を向いたT字型って…イタリア? 通過単位がガラナート(柘榴?)だったり、ありそでなさそな世界なんですが、「アテネ」とか「マリリン・モンロー」などの固有名詞が出てきたりして、完全な創作世界ではないです。まぁ、タイトルで「メルカトル」つってる時点で完全な創作世界ではないんですけどね(^^;; まぁ、そんな感じで、どことなくヨーロッパなんだろうなー、なんて思いつつも、そこはもはやヨーロッパではないです。長野まゆみの世界になっています。この人は現実の世界を描いても異世界になってしまいますから。で、またその「場」がすごく良くて。ホントにこの人の作る「世界」は、行ってみたいなーと、思ってしまいますね。

 

主人公はリュスという17歳の男の子なんですが、年齢的には最近の作品では平均的じゃないですかね(初期と比べると年齢層上がりましたねー)。清貧で誠実な好青年、加えてバカがつく程の正直者、といった感じで、そう言っちゃうと全然面白くない人物なんですが、実はかなり屈折してて、いい人、というよりは諦めちゃってる。年齢の割に大人びているのは、幼少の頃から随分辛い目に遭ってるってだけじゃなくて、そこからもう、諦めちゃってる感じです。辛い目に遭いすぎちゃったが故に希望を見出さない。見出せないんじゃない、見出さない。そういった意味では、諦念という鎧で自分を固めちゃってる人、のように思います。本音の部分は自分自身にすら、見せないし、触らせない。徹底して自己を抑えている。ただ、何と言うか、読んでいると、本音が見えない中から本音が見えてくる、感じがします。何と言うか、ハートに巻いた包帯を解いてあげたい感じ。しかもゆっくり。

 

大きな話の流れ的には自分探しの旅だったり、「みにくいアヒルの子」かなーって思います。そういう、割によくありがちな題材なんですが、そういう主人公の感じが、ある種「魅力的」で、それにさっきも言ったように独特の世界観が相俟って、なかなか良かったですね。あんまり殺伐としないというか、ファンタジックな感じで、読めると思います。

 

あと、リュスの生誕を巡る謎解き風味もあって、それも好きでしたね。結果は「やっぱり」という感じですが、それが嬉しかったりします。予想と違ったら、「何、意表突いてんだよ!」という感じになってしまうんじゃないですかねー(笑) 大掛かりなお芝居、世界劇場というか。それもまた良かったと思います。まぁ、いずれもありがちっちゃあそうなんですが、それがこの作品にはバッチリはまっていたように思います。

 

まぁ、長野まゆみにしてはアイドル、テレビのドッキリ企画など、下世話な要素も割に多くて、そこは若干興醒めする瞬間もありましたね(^^;; でも、それを差し引いても、僕はすごく楽しめました。

azzurri.hatenablog.com