azzurriのショッピングレビュー

azzurriのショッピングレビュー

僕が買ったもの、観に行った映画・ライヴなど、要は金を払ったものに対して言いたい放題感想を言わせてもらおうというブログです。オチとかはないです。※ネタバレありまくりなので、注意!

「スレイヤーズ」は上手い!!


azzurriのショッピングレビュー-スレイヤーズ


故あって、何かラノベ読んでみるかな~、っと思って、読んでみることにしたんですけど、一口にラノベっつってもいっぱいある。中には「これもラノベに入っちゃうの?」みたいのもあるらしく、その定義はかなり曖昧であるらしい。ただ、俺の勝手なイメージとして「表紙にアニメっぽいイラストが描いてあって、中にもアニメっぽい挿絵がある、アニメっぽい話の本」っていうのがあるので、それっぽいのを買おうと思いました。で、どうせなら一番売れてるやつから手を出すのがいいだろう、ということで調べてみたらスレイヤーズというのが通算記録保持者らしい。しかも断トツで桁が違うというから、もうこれしかないだろう、ということで、買って参りましたー!


ただ、スレイヤーズってやっぱり一番売れているだけあって、TVアニメにもなったり、映画にもなったりしてて、知ってはいたんです。ただその感じがあんまり好きじゃなくて、正直スレイヤーズが一位って知った時は「え~、これかよ」と思ってしまいました。でも、まぁ一位だからってんで読んでみたら、これがなかなか面白い。いや、面白い、というよりは正確に言うと「上手い」かな。もちろん十分楽しめたんだけど、ある意味「上手さ」が目に付いた感じですかね。つってもそう大した分析とかはできないんですけど。


この作品自体、確かもう十年以上前の作品であるので、文体であるとか台詞とか、ギャグとか、かなり時代を感じてしまい、「うわっ、寒っ!」とかいう場面はそこここにあると思います。結構ベタな展開とかも多く、そしてそのベタさ加減を主人公に自嘲気味に喋らせてみたりする感じとかは本当に寒いです。じゃあ、違う話考えろよっ!って感じです(^^;; でも、全体的な構成とかは非常にきっちりしてると思うし、主人公の一人称で進んでいく感じもテンポ良く、読みやすいです。あと、ほとんどの行が一行なんですよね。だからページ数に比べて随分と中身は軽いです(^^;; でも、その一行の文でズバズバ進んでいく感じが目にやさしいというか、非常に読みやすいんですね。で、この「読みやすい」というのがこれだけ売れた一つの要因であるとも思います。ベストセラーの作り方として「普段本を読まない奴に如何に買わすか」というのがあるらしいです。やはり世の中、本の虫よりも、そうでない人間の方が圧倒的に多いですからね。で、そっちの絶対数の多い方を取り込んだら勝ちなわけですから。で、おそらくこの本を読む人は圧倒的に普段本をあまり読まない人が多いんじゃないでしょうかね(^^;;


そんな感じでですねー、構成とか、台詞の感じとか、読みやすさとか、話の内容以外の点でも上手いなー、と感じることが多い作品でしたね。まぁ、それ以外にも典型的な剣と魔法の世界、という感じの話なので、僕自身、そういう話は嫌いじゃないので、結構楽しめました。やっぱ食わず嫌いは良くないかなー、と。